会社概要

SASインベスターズについて

SASインベスターズ株式会社は、東京を拠点とし、日本の不動産マーケットに特化した不動産投資会社であり、投資助言・代理業の登録を受けております。経営陣は、1999年から22年間に渡り、日本のマーケットにおいて2兆円を超える取引を多数手がけてまいりました。

投資活動の内容には、特別勘定専用ファンド、不動産プライベート・エクイティー・ファンド、オポチュニティーリターン戦略をコアとする投資、既存の資産の買収、企業のセール・アンド・リースバック、フォワード・コミットメント、リノベーション、資産の再配分や開発案件などが含まれます。

当社は、クライアントの戦略や投資方針を踏まえた上で、各々の顧客に合わせた投資プログラムを独自に開発し、ご提案を行っております。この調査ベースのアプローチを通じ、リアルタイムの市場インテリジェンスによってサポートされる即使用可能な買取調達、不動産取得および資産管理サービスを行っております。

また当社は、投資業務を含む事業全般において、重要な環境、社会やガバナンス(ESG)におけるリスクや機会に配慮し、積極的に取り組んでいます。

当社は、不動産投資サイクル全体を通じてアクティブ運用に焦点を当てながら、資本価値を高めてきた確かな実績があります。

当社は、商業銀行ビジネスモデルに従い、厳選した投資パートナーと共に不動産などの有形資産や企業レべルでの投資に関し、オリジネーションから引き受け、ストラクチャー、ファイナンスおよび運営業務まで一貫して社内で行っております。

当社は、機関投資家やレンダーに対し、不動産資産管理やM&Aの助言サービスを行っております。これらのサービスは以下にあげるものが含まれています。

  • 顧客のニーズや投資基準に一致する不動産投資案件の特定
  • クライアントの代わりに、相手業者と取引の交渉や契約交渉
  • 取引のすべての過程において、デューデリジェンスやクロージングなどの管理業務
  • 第三者の不動産資産管理業務
    • 資産、ポートフォリオ、企業レベルでのビジネスおよび管理計画策定(投資案件に応じ、年次または四半期ごと)
    • 出口価値の最大化を図るため、売却、リノベーション、資本再構成などを通じ、最新の市場動態や資産分析をもとにしたポートフォリオの再構築
    • 初期のアンダーライティングや事業計画に対する変化や進捗状況を詳しく説明する国際基準の報告書作成

高齢者向住宅

日本は、65歳以上の高齢者が4人に1人の割合を占める「超高齢者」社会となる世界で初めての国となります。2035年までには、85歳以上の世代が2倍以上になると予測されており、高齢者住宅市場への持続的な需要の原動力になります。

キャップブリッジ・インベスターズは、日本の高齢者向住宅部門におけるリーダーであり、今まで高齢者住宅のセール&リースバック、ビルド・トゥ・スーツ型(カスタム仕様)の開発及び高齢者住宅の運営事業者の再編などの投資実績を積み上げてきました。

SASインベスターズ

レジデンシャル

日本の継続的な都市化、世帯規模の縮小、大都市における賃貸割合の高さなどの傾向は、一貫して賃貸住宅の高い入居率と賃料のボラティリティーの低さの根拠を示すものです。したがって、集合住宅が日本において最も弾力的な資産クラスの一つとなります。

キャップブリッジ・インベスターズの経営陣は、日本の集合住宅市場において最も経験豊富な専門家であり、主要都市で8,000戸以上を取得・開発してきました。

SASインベスターズ